お葬式の知識 法要に関する知識 通夜の知識

弔問時には服装も気を付けましょう

更新日:

喪服

危篤・臨終の知らせ

訃報を受けて急いで駆けつける場合には、平服でかまいません。ただし、タンクトップや膝の破れたジーンズなど、場にそぐわないラフすぎるファッションの場合は、着替えてから駆けつけたほうがいいでしょう。

通夜

通夜は、本来は突然うかがうものですから、平服でかまいません。最近は、正式に招かれた場合には礼服を着用することが多くなっています。勤務先から直行する場合は、男性であれば地味なスーツとネクタイでかまいません。わざわざ黒ネクタイを購入する必要もないでしょう。女性も地味めのスーツやワンピースなら、そのままで大丈夫です。ただし、アクセサリー類は結婚指輪を除き、すべてはずし、化粧も控えめにします。

葬儀・告別式

葬儀・告別式では弔問客は略礼装が一般的ですが、平服でもかまいません。男性の準礼装はブラックスーツに黒のネクタイ、略礼装ならダークスーツに黒ネクタイとなります。女性の準礼装は黒無地のフォーマルドレス、略礼装は地味な色のスーツやワンピースです。夏ならブラウスとスカートでもかまいません。

女性の服装の気を付ける点

基本は黒ですが、エナメルや光沢のあるもの、派手な留め金がついた靴は避けましょう。つま先やかかとが見えるサンダルやミュールは不向き。革製のプレーンなバンプスがベストです。また、ストッキングは夏でも黒のタイプを着用します。

バッグ

素材は布がベストですが、牛革や合皮ならかまいません。留め金は銀もしくは黒で、なるべく目立だないものを選びます。ブランド物でもかまわないのですが、大きなロゴやブランド名がデザインされているものは避けましょう。

アクセサリー類

派手なアクセサリーなどはもってのほかですが、指輪も結婚指輪以 外はずします。結婚指輪でも石がついている場合は、石を裏側に回して隠すようにしましょう。パールの一連ネックレスと時計はつけてもかまわないことになっています。

化粧

大人の女性なら身だしなみ程度のナチュラルメータにします。濃い色の口紅やアイラインなどは避けます。マニキュアは肌色に近い薄い色ならかまわないでしょう。

-お葬式の知識, 法要に関する知識, 通夜の知識
-, , ,

Copyright© お葬式ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.