お葬式の知識

葬式の平均費用いったいいくら?

投稿日:

 

葬式には、お金がかかります。そのため、「葬式 費用」というキーワードで検索をかけるとき、必ず上がってくるのが「葬式の平均費用はいったいいくらか」という記事です。

ここでは、葬式の平均費用について取り上げていきます。

<疑問視されるデータではあるものの……>

葬式の平均費用としてよく取り上げられるのが、「200万円」という数字です。

これは日本消費者協会がとったアンケート結果であり、「葬式の平均費用」をまとめているところではこのデータが非常によく用いられます。

これに関しては、「サンプル数が少なすぎる」して疑問の声を挙げている専門家もいます。第11回の調査では491名しかサンプルがおらず、しかも「伝聞形式であっても答えられる設問の方法」であるともされています。

精度もそれほど高くはなく、「これだけのデータをうのみにするのは危険である」として警鐘を鳴らしている専門サイトもあります。

ただ、データ収集のやり方は完璧ではないものの、「データ収集のやり方が完璧ではないから、このデータは間違っている」とまでは言えないのです。

実際の葬儀会社でもこのデータは用いられています。

また、実務経験者としても、「200少なくとも、「常識はずれなほど、現場の状況に添っていない平均費用である」とまでは言いきれないでしょう。

そのためこの記事では、一つの目安としてこの「200万円」という数字を扱っていきたいと思います。

<この数字がもたらす意味>

「葬式の平均費用は200万円である」と聞くと、多くの人は「ものすごくお金がかかるのだな」という印象を抱くかと思われます。現在は家族葬などの小規模な葬式がクローズアップされるため、特にそう思うことでしょう。検索をかければ、10万円台の葬式さえ見つけることができます。

しかし実際の葬式には、葬儀会社がホームページで提案する料金以上の料金がかかると考えて間違いありません。

これは何も、「葬儀会社側がわざと安い金額を提示しているのだ」「追加料金をとることを目的としているのだ」ということが原因なわけではありません。

葬儀会社側がホームページで提案する葬式の料金は、宗教者にお渡しする金額(厳密には仏教用語ではありますが、分かりやすくするために「寺院費用」「お布施」という言い回しがよく使われます)や飲食費用は含んでいません。

 

お布施は、ある程度の相場はあるものの、「心をお渡しするもの」という性質であるため、明確な金額は出しにくいのです。

また、一般的には小さな葬式の場合は宗教者の数が少なく、大きな葬式の場合は宗教者の数が多くなるのが一般的ではありますが、家族が「信心深い人だったから、たくさんの宗教者様に来ていただきたい」と希望すればそれに応じるかたちになるでしょう。そして、宗教者の数が多く生れば、その分お布施もかさみます。

「飲食費用」は、大きく

  • 通夜ぶるまい
  • 泊まっていく家族・親族の朝食代
  • 精進落としのための料理(現在は火葬が終わった日に繰り上げ初七日法要を行い、その後に精進落としの料理をとるかたちがよく見られます)
  • 必要に応じて、火葬場でとる軽食

4つに分けられます。

これは人数に応じて、当然料金がまったく異なってきます。

同じ「家族葬」のプランであってさえ、精進落としに参加する人の人数が4人程度の葬式もあれば、20人近くになる葬式もあります。

このため、葬儀会社の方でも、ホームページで提案する数字に盛り込みにくいのです。

比較的小さな葬式を希望していて、しかもあまり葬式の経験がない人の場合、「葬儀会社がホームページで出している金額で葬式が行えるのだ」と考えてしまいがちです。そのため、「60万円かと思っていたら、実際には100万円もかかった」などのようなことも起こり得ます。

一見すると高く見える「200万円」という数字は、ある程度現実的な数字であるのと同時に、「これくらいの予算を見ておけば、思わぬ出費にも慌てなくて済む」という数字でもあるといえるでしょう。

<実際の見積もりは葬儀会社に相談してから>

「葬式の平均費用は200万円というが、そんなには出せない」

「ホームページに書かれている金額よりも多くの金額がかかるのはわかった。では、我が家で希望している葬式はいくらくらいになるのか?」

と思った人は、ぜひ葬儀会社に見積もりをお願いしてみてください。現在はどこも、生前見積もりに積極的に取り組んでいます。もちろんこれによって出された金額もあくまで「目安」ではありますが、人数がはっきりしていれば飲食費用などはある程度正確に割り出せます。

また、お布施も明確な決まりはありませんが、相場を尋ねれば教えてくれます。

複数社に見積もりを依頼すれば、

「ここはとても安いようだが、飲食費用は含まれているだろうか」

「こちらの葬儀会社の基本プランに含まれていないのは何か」

などもわかりやすくなります。

葬式の平均費用を知るということは、予算の確保の覚悟ができるとともに、「実際の金額はいくらくらいになるか」の道しるべにもなるといえるでしょう。

-お葬式の知識

Copyright© お葬式ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.