危篤から臨終の対応

遺体の搬送は専門業者に任せた方が安心です

更新日:

寝台車

死亡後は、遺体を安置する場所に搬送することになりますが、一般的には葬儀会社へ依頼することになります。搬送に用いられるのは、ストレッチャーを備えた専用の寝台車です。

まれに霊柩車と勘違いされる人もいますが、霊柩車は葬儀場所から火葬場へ運ぶ時に使用されるもので、それまでの移動は全て、寝台車と呼ばれる車が使用されます。

搬送では、遺体は専用ストレッチャーに乗せて運ばれます。病院からの場合は、カーテンで仕切られた病室のベッドから搬送することも多く、必ずしも霊安室から運ばれるとは限りません。

通常、病院でなくなった場合には、大きな病院には葬儀社の社員が詰めていて、依頼をすればほとんどすべてのことをスムーズに進めてくれます。小さな病院などで出入りの葬儀社がない場合でも、病院に相談すれば紹介してくれるでしよう。

また、最近では「葬儀代をかけたくない。」、「簡単に済ませたい。」と遺体の搬送までも自分たちでしてしまいたいと考える人もいるようです。

ストレッチャーがそのまま入れられる大型の自家用車なら、遺族で運転して運ぶことも出来ますが(地域によって異なることもあります)、漏液シート付のストレッチャーがついた業務用ワゴン車(寝台車)での搬送の方が安心です。

遺体搬送のプロが対応することですので、ご遺体を傷つけることもなく、安全に安置場所まで搬送してもらうことが出来ます。

そして遺体搬送時には、医師が発行した死亡診断書(死体検案書)を携帯しておかなければなりません。

万が一、検問などで警察に車を止められた際に、死亡診断書が不携帯ですと何らかの事件に関係していると思われてしまう可能性があるためです。

搬送業者に葬儀まで委託する必要はありません

遺体搬送業者を決める際には、病院から紹介されることもありますが、前もって搬送業者を決めておいて、病院から自分で連絡することも可能です。

なんの準備も無く、前もって指定する葬儀社がない場合には、病院に紹介された業者に搬送を依頼せざるえません。

しかし、ここで注意すべきことは、搬送を任せた葬儀社に、葬儀までを全て委託する義理や義務はないという事です。

成行きのままで詳細までの確認もしないで、葬儀まで任せてしまうと、自分たちの希望通りのお葬式が予算に合った金額で行えなくなる可能性があります。

搬送から葬儀までを一括で依頼したからといって、安価になるわけでもありません。搬送をした業者からは、「搬送したら、葬儀まで担当するのが決まりです。」「ご希望通りのお葬式にして、お安くするので任せて下さい。」等と食い下がられる場合もありますが、まずは一度、「搬送まで」と区切りを付けることが大切です。

-危篤から臨終の対応
-, , ,

Copyright© お葬式ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.