法要に関する知識

法要にはどのような種類があるのでしょうか?

更新日:

法要の種類

法要とは、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う仏教的な儀式のことで、「法事」ともいいます。死後7日目に行われる「初七日」や1年後の「一周忌」など、区切りの日に行われます。

本来はすべての法要に僧侶を呼んで読経してもらうべきなのでしょうが、現実には大きな区切りの法要だけを行い、それ以外は省略するか、身内だけで拝礼する程度ですませることが多いようです。

仏教では、人が亡くなってからの7週間を「中陰」といいます。この7週間の間には、7日に一度、合計7回、閭魔庁(閻魔王が亡者の生前の罪悪を取り調べるところ)で審判が行われるとされています。

生前の功徳と罪業によって裁かれるわけです。この間、死者は来世で行くべき場所が決まるのを待って、現世と冥土の間をさまよっています。

そこで、死者の霊が無事に極楽浄土に行くことができ、成仏するようにと、7日ごとに供養するわけです。これを「追善供養」または「中陰供養」といいます。

本来は、初七日から四十九日までの間に7回の法要が営まれるのですが、現在では初七日と四十九日の法要だけ行うのが一般的です

死亡した日から7日目が「初七日」で、最近では葬儀のあとの遺骨迎えとあわせて行うことが多くなっています。

四十九日は「満中陰」といい、この日の審判によって死者の運命が決まるとされる重要な日です。

そのため、四十九日の法要は、一周忌までの法要の中で最も重要とされ、近親者や友人、知人を呼び、僧侶を招いて読経をしていただきます。そして法要後には、参会者を精進落としの料理でもてなします。

四十九日の法要を終えると忌が明けるとされています。

忌明けにすること

四十九日で忌が明けたときには、するべきことがいくつかあります

  • 神棚封じをとく…葬儀の際に神棚に貼った白い半紙をはずします。
  • 仏壇の扉を開ける… 家に仏壇がある場合、葬儀のときには扉を閉じておきますが、忌明けとともに扉を開けます。簡単に掃除もしましょう。
  • 香典返しを送る…香典をいただいた人には、あいさつ状を添えて香典返しを送ります。即日返しをした場合にはあいさつ状を送ります。
  • 壇払いをする…遺骨を安置していた後飾りを片付けます。遺影は仏壇の上などに飾ります。壇に飾ってあった白木の位牌は納骨のときに菩提寺に納め、漆塗りに金文字の位牌に替えます。

法要の日数の数え方

法要の日数の数え方は、関東と関西で異なります。関東では死亡しか日を含めて数えるのに対して関西では死亡日の前日から数えます。たとえば、月曜日に死亡した場合、初七日は、関東では日曜日になりますが、関西では土曜日になるのです。しかし、最近は関西でも関東のように数えることが多くなっています。

月忌法要と年忌法要

故人が亡くなった日を「命日」といいよす。命日には、死亡したのと同じ「月と日」を示す「祥月命日」と死亡したのと同じ「日」を示す「月忌」とに分けられます。

たとえば4月1日に死亡した場合に、毎年の4月1日が「祥月命日」で毎月1日が「月忌」です。

信心深い家庭では月忌のたびに僧侶を呼んで読経してもらうこともあるようですが、あまり一般的ではありません。できれば、新しい生化を供えて礼拝するくらいのことはしたいものです。

四十九日の次の法要が百か日です。百か日がすむと、毎年の祥月命日に法要を行います。これが「年忌法要」です。

死亡した年の翌年の祥月命日に行われるのが「一周忌」ですが、一周忌の次は「三回忌」で、二周忌はありません(ただし三回忌は死後満2年目に行われます)。以後、年忌法要が行われる年は下記の表のようになっています。

年忌法要と弔い上げ

一周忌は近親者や友人・知人などを招いて行います。故人を供養してもらうことはもちろんですが、故人が亡くなったあと、遺族が悲しみから立ち直って元気で過ごしている姿をお見せして、安心してもらうという意味もあります。

そのために、一周忌は比較的大規模に行うことが多いようです。僧侶を招いて読経してもらい、式が終了したあとには会食の席を設けます。

三回忌にも、近親片や親しかった友人や知人などを招くのが。一般的です。それ以降は、だんだんと法要に招く人数を減らしていき、七回忌以降は内輪だけでささやか
に行うことが多いようです。

仏教では、死後33年が経つとどんな人でも無罪放免となり、極楽浄土に行けるとされます。

そこで年忌法要は、三十三回忌を最後に切り上げるのが一般的ですこれを「弔い上げ」といい、戒名を過去帳に転記して、位牌を菩提寺に納めます。最後の法要ということで、親戚や友人・知人を招いて盛大に行うこともあるようです。

-法要に関する知識

Copyright© お葬式ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.